猫と遊ぶ

猫との遊び方

遊びを通して猫との距離を縮める

猫との遊び方ペットとして猫を飼っているなら、一緒に遊んで猫との距離を縮めたいものです。
猫もただ飼い主を過ごすだけでなく、スキンシップを取ったり遊んだりして、楽しい時間を過ごしたいと思っています。

猫と遊ぶときには、猫の特性を考えてあげると、飽きずに楽しく遊べる方法を見つけることができます。
猫は捕食動物で、小さな鳥や小動物を捕まえます。
狩りをする本能が備わっていますので、猫が狩りをするような雰囲気で遊んであげると喜んでくれます。
やはり、本能に訴えるものが猫の興味を惹きますし、飽きずに続けてくれる秘訣なのです。

ケンカ遊びは猫のお気に入り

子猫同士がじゃれ合って遊んでいる風景は微笑ましいですが、見方を変えると猫同士でケンカをしているような姿にも見えます。
確かに猫や野生の捕食動物というものは、子どもたちが遊ぶ時は、相手を捕まえたりかんだりして、ケンカをする動作をします。
本能的に捕食動物としての血が騒ぐのでしょう、こうしたケンカ遊びはこうした動物にとって楽しい遊びなのです。

猫とケンカ遊びをする時は、指先や拳で猫の顔を押してあげるようにすると良いでしょう。
猫はそれに反応して、パンチをしたりかみついてきたりします。
その猫の攻撃をそのまま受けても良いのですが、やられる瞬間に手を引いてよけてあげると喜びます。

このよけてあげるというのが、猫のツボのようで、必死になって次は手をつかまえようとします。
手を出しては、寸前のところで引いてあげるというタイミングが猫と楽しく遊ぶポイントです。

やはり猫じゃらしは定番

猫と遊ぶ道具と言ったら、やはり猫じゃらしが定番でしょう。
猫は、蛇や虫の動きに敏感で、小さいものが動いているのを見ると叩く習性があります。

その習性を利用してする遊びが猫じゃらしです。
猫じゃらしを猫の前で動かしてあげると、初めは目で追うだけだったのに、
次第に手が出てきて必死に捕まえようとする姿は、人間の側も楽しくさせてくれます。

飽きずに遊ぶためには、左右に振るだけといった単純な動きを続けるのではなく、
上下にも動かしたり回したりして、いろいろなパターンの動きを加えてあげることです。

このように、道具などを使って猫と遊ぶのは楽しいものですが、いつでも猫の側で遊んであげられるわけではありません。
そのため、家の中にあるものを利用して猫が遊べる空間を作ると良いでしょう。
猫は家具の上などに登りたがる習性がありますので、縦にいろいろな箱を積み上げたり、段差を付けたりしてあげると、そこら中を飛び回って遊び始めます。