猫の写真を撮る

写真を撮る前の準備

猫を飼っていれば何枚も写真を撮ることでしょう。
しかし出来れば可愛く猫の写真を撮ってみたいものです。
そのような写真を撮るなら、プロが使うような高価なカメラも機材も必要なく、
少しの手間をかけて準備をするだけで撮ることが出来ます。

写真を撮る前は、部屋を片付けておいた方が良いです。
猫はカメラを向けたからといって、じっとしていてくれることもなく、周囲に何かあれば散らかすこともあります。
雑多な中で写真を撮ると、散らかった風景となり猫が目立たなくなります。

猫を普段から観察していると、撮りたいポーズなどが撮れるようになります。
どこでどんな風に過ごしているのか見ておくと良いです。
ご飯の前後の様子も重要であり、ご飯を食べるとお腹いっぱいで眠くなってしまう猫と、ご飯で元気が出て活発に動く猫がいます。
どのようなイメージの写真を撮りたいかで、ご飯の前か後のどちらが良いか決まるでしょう。

カメラを準備してから

写真を撮ろうとカメラを準備したら、大きな物音を立てないようにして、猫をびっくりさせないようにします。
カメラを向けて驚かせると、その後はカメラを近づけただけで逃げてしまうので、撮影どころではなくなります。
カメラを猫の近くにおいて触れさせたりして、事前に慣れさせておくと写真を撮りやすいです。

写真を撮るときは声をかけると良いです。
猫に声をかけて、猫の注意をカメラの方に向けると、猫の視線のあう写真が撮れます。
また声かけして猫と楽しく遊びながら写真を撮ると、あなたの気に入ったシーンが見つかり思い通りの写真が撮れるかもしれません。

実際に写真を撮る

写真を撮るときは、部屋の中が暗いと写真も暗くなりますので、明るさが必要です。
晴れた日ならば夕方前ぐらいまでは写真を撮るのに最適であり、夕方ならばオレンジがかった幻想的な写真が撮れるかもしれません。
曇りの日ならば、窓際で写真を撮ったり電気を付けたりして撮ると良いです。
フラッシュを使わず自然の光で撮影した方が、綺麗な写真になります。

横から光の当たった猫を撮影すると、立体的な写真となり、猫の表情を引き立たせたり、猫の体全体のラインを引き立たせられたりします。
写真を撮るときは、猫の目線までカメラを下げると、猫が主体となった絵となり印象的になります。

もしもカメラにマクロというモードがあれば、通常よりも対象物に近づいて撮影する事が出来ます。
画面一杯に猫の顔を入れて撮影したり、猫がのぞき込んでいるようなシーンが撮れたり出来ます。
最近のカメラは手ぶれ補正機能がありますが、それだけでは手ぶれを防げないこともありますので、
撮影するときはカメラ全体をしっかりと持ち、撮影ボタンを押すときは手全体でカメラを固定しましょう。