猫を多頭飼い

猫を複数匹飼う場合

猫は散歩させる必要はないので、1匹でも複数匹でも、それほど飼い主の手間は増えません。
エサにしても猫の数に比例してエサ代も増えるかというと、そこまで比例的ではなく、
缶詰などなら猫の数が多いほど使い切ることも出来ますので、むしろ経済的かもしれません。

複数匹飼う場合は、ワクチンなどの費用はそれだけ多くなります。
しかしトイレの数は猫の数にプラスして1ぐらいが丁度良いので、
飼う数が増えると用意するトイレの数も増え、それだけ掃除などの手間もかかります。

もしも後から追加で猫を家に迎え入れるような場合は、元々家にいる猫の性格が重要です。
その猫は他の猫も好きなのか、それとも飼い主だけ好きなのか、
それとも自分以外は興味が無いのかで、どのような猫を連れてくるか決まります。

他の猫も好きなような猫なら、どんな猫を連れてきても問題ないですが、
飼い主が好きな猫だと、他の猫がくると嫉妬することもあり大変です。

同居する猫が出来ると、それぞれの性格が変わってくることもあります。
今までクールな猫が急に甘えん坊になったり、逆に甘えん坊な猫がクールになったりすることもあります。
これは猫自身が環境に適応して、家全体のバランスを取ろうとしているのかもしれません。

複数の猫を飼う方法

複数の猫を飼うとなると、それぞれの猫同士を慣れさせないといけません。
まずはそれから行わないと、飼うどころではなくなります。

新しい猫が家に来る場合は、まずはゲージに入れて他の猫と対面させましょう。
もしかすると、猫同士が威嚇して一触即発の雰囲気になるかもしれませんが、怒っているので仲が悪いと決めつけないで下さい。
新しい猫を連れてきたら、最低でも2週間は様子をみましょう。
そのうち、怒っていたのにいつの間にか仲良くなっていたということもあります。
猫が一匹で飼われている場合は、人間に慣れすぎて他の猫を受け入れるのに時間がかかることがあります。

お互いの猫が慣れてきたらじゃれたりしますが、その時に怪我をしないように猫の爪は切っておきましょう。
猫同士が喧嘩のようにしている場合でも、猫同士が自然に落ち着くまで任せた方が良いです。
下手に人間が介入すると、猫同士が仲良くなるまで時間がかかることがあります。

猫はとても匂いを大切にする動物です。
そのために新しい猫が来たら、元いた猫と新しい猫の匂いを混ぜると、仲良くなるまでの時間を短縮できます。
猫の体を拭くタオルを共有したり、トイレの砂をお互いのを混ぜたりすると良いです。

またどんなに猫が他の猫と仲良しになったとしても、それぞれの猫のパーソナルスペースとなる自分だけの場所は必要です。
部屋の隅やソファーの隅など、猫だけになれる空間を作ってあげましょう。