猫とドライブ

猫を車に乗せるときの注意点

猫は犬のように飼い主と一緒に散歩したりする動物ではないので、車に乗せて移動するのも不向きです。
もしも車に乗せるようなことがあれば、猫が逃げないようにしなくてはいけません。
車が急発進や急停車した場合に驚くこともあるかもしれないので、キャリーケースにいれて運んだ方が良いです。
キャリーケースを使わないなら、ハーネスやリードなどで繋げておくようにしましょう。

車の中は窓を閉めていると、直射日光ですぐに車内温度があがります。
特に夏場だといっきに50度を超えることもありますので、猫を車内に残すことはやめましょう。
猫の息が荒くなっている、意識が朦朧としているなどの症状があると、熱中症になっている可能性があります。
水をかけたり風を当てたりして体温を下げることをまずは行って下さい。
その後病院に連れて行きましょう。
猫は車酔いすることもあるので、車酔いしやすい猫なら車に乗せるのは止めた方が良いです。

車に乗せるなら、ドライブの前に車に慣れさせておくと良いです。
まずはキャリーバッグやハーネスを使ってみて、猫を慣らしましょう。
キャリーバッグの中でご飯を食べさせたりして、徐々に慣れていってもらいます。
その次は車に乗せてみます。
このときはまだ車を発進させずに、エンジンをかけたりして車内環境に慣れさせましょう。
それでも大丈夫なようならドライブに連れて行っても構わないでしょう。

その他の乗り物

車以外の乗り物でも、猫を乗せて連れて行くことは可能です。
ただしやはり事前準備はしておかないといけません。
基本的にはキャリーバッグに入れて乗せることとなり、もしも乗ってから鳴いたりする場合は、その乗り物での移動は向いていません。

電車の場合は、キャリーバッグと合わせて10kg以内のものなら持ち込めます。
鉄道会社によって多少規定が違いますので、事前に調べておくと良いでしょう。
バスの場合は、他人の迷惑にならなければキャリーバッグなら大丈夫というところが多いです。
ただし乗客から苦情があると降ろされることがあります。
タクシーの場合は、キャリーバッグから出さなければ良いという会社が多いので、乗車前に確認すると良いでしょう。

そして飛行機の場合ですが、猫はキャリーバッグに入れて乗せることとなりますが、一緒に席に連れて行くのではなく、貨物室に預けることとなります。
国際線なら検疫されることがあります。
ただし猫には飛行機の騒音や気圧の変化や狭い場所に長時間詰め込まれるなどの事で、かなりのストレスを受けます。
キャリーバッグを使うなら、外の景色が見えないようにしておくと、多少ストレスは軽減されます。
動物病院に事前に行けば安定剤をくれることもあるようです。