猫の風邪の対処方法

予防方法

猫の風邪は人間の風邪よりも症状が重いので、普段から気をつけて風邪にならないように注意すべきです。
人間の風邪と同じように、風邪自身を治す薬はないので、猫の風邪も治癒力による回復が一番の対処方法です。

しかし予防するならワクチン接種である程度は防げます。
猫のワクチンは生後2ヶ月目以降、猫自身の免疫力も低下するので、出来れば行った方が良いです。
ただし犬と違いワクチン摂取は任意となりますので、年に1度行うだけなのでおすすめです。
特に外出する猫は外から菌を持ってくることも多いので、尚更ワクチン接種はさせた方が良いです。
人間が触ると菌を移すこともあるので、抱っこしたりするときは手を洗ってから行うと良いです。

猫が風邪を引いた場合

猫の風邪は人間と同じように、涙が出てくしゃみをして、目が腫れる、鼻水が出るなどの症状が出ます。
普段と違うようすなので、すぐに対体調が悪いと気づくでしょう。
風邪だと疑ったときは、まずは動物病院に連れて行って検査した方が良いです。

基本は栄養摂取と安静ですが、薬ももらうのでそれも使いましょう。
衰弱している場合は、病院で注射をすることもあります。
目が腫れていると目薬も使います。
抗生物質も処方されるので、それも毎日欠かさず使いましょう。
ある程度体調が回復するまでは通院することになります。
また猫の風邪の種類には3種類あり、猫カリシウイルス感染症と猫ウイルス性鼻気管炎と猫クラミジア症がありますので、それぞれで処方する薬も違います。

投薬をしながら家ではエサをしっかりと与えて、食事療法をしながら回復を目指します。
もらった薬を使いながら食事療法をすれば、遅くても2週間ぐらいで治ります。
体調が弱っているなど免疫の関係で、中には治るまで2ヶ月ぐらいかかる猫もいますが、それでも投薬と食事療法を根気よく続けることです。

猫風邪は完治することが難しく、治ったと思ってもまた発症することもあります。
処方された薬は、全部使うまで様子をみましょう。

猫風邪は早期発見で対処した方が、当然のことながら治るのも早いです。
症状が軽いから自宅で治そうなどと思っていると、いつの間にか症状が悪化することもあるので、体調に変化が出たらまずは病院へ連れて行きましょう。
また猫は体調が悪いということを隠す傾向にありますので、飼い主の方が毎日体調チェックをしてあげましょう。
猫が外出すると感染して帰ってくることも多いです。

猫の風邪だと思っていたら、実は違う感染症にかかっていたと言うこともあります。
そのためにも、猫の体調の変化に気づいたなら、すぐに飼い主が動物病院に連れて行きましょう。
大事になる前に対処するのが大切です。