スコティッシュフォールド

スコットランドにルーツを持つ猫種

1960年頃、英スコットランドの農村の農家で発見された折れ耳のメス猫がスコティッシュフォールドの基礎猫です。
のんびりした気質もずんぐりした体形もかわいらしく、何より変わった形の折れ耳を持った猫に興味を示す人が繁殖を試みます。
そして、この折れ曲がった耳が遺伝によるものだということが判明すると、本格的に育種が始められるのです。

ところが、英国では奇形や骨格障害の遺伝が残ってしまうのではないか、というリスクを危惧する意見が多く出され、英国における育種が断念されてしまいました。
しかし、英国では育種が断念されたものの、この猫は、米国へ渡ってアメリカンショートヘアなど米国にいる多種の猫との交雑が行われるのです。

その結果、スコティッシュフォールドのかわいい特質を持ちつつも、英国で危惧された遺伝的な病気を抑えた猫種が確立し、1970年代後半に登録機関に登録されるに至るのです。
しかし登録されたとはいえ、まだまだ遺伝的疾患が出やすいため、現在でも各種の機関で改善は続けられています。

スコティッシュフォールドの身体的特徴

ガッチリした体形を持ち「ずんぐりむっくり」という言葉がピッタリの猫で、ふっくらした丸顔に丸い目、耳が折れていてさらに顔の丸さが際立って可愛い中型猫です。
尻尾は長めで、短い足がまた人気の秘訣です。
毛の長さには長毛種・短毛種の2タイプの猫がいます。
長毛種は遺伝子的に劣性で少数なのであまり出会うことがありません。

スコティッシュフォールドの「フォールド」とは英語で、「折る」を意味し、耳は前方に折れるように曲がりながら垂れています。
子猫のうちは、直立した耳をしているのですが、生まれてから概ね3週間経って耳が折れ始めてきます。
折れ具合は個体差が大きく、ほとんど折れてしまっている個体から、直立に近い個体まで多様です。

耳が折れるのは優性遺伝によるもので直立の耳は稀なのですが、折りたたまれた耳の猫の方が、人気があるようです。
でも、病気やストレス等が原因で折れてしまった、耳がまた立ち上がったり、再度折れたりもするそうですので不思議ですよね。

初めて飼う方にピッタリの穏やかな性格

性格はのんびり屋さんで穏やかなのは、スコットランド地方の農家でのんびりした生活していた名残なのでしょう。
人見知りもせず、飼い主以外でも人懐っこく、多頭飼いをしても他のペットと仲良くできますので、とても飼いやすいです。

ただ、他の猫に比べて、甘えん坊なスコティッシュフォールドは、長時間一人でいるとストレスを感じますので、長時間の留守番は避けましょう。
あまり鳴きませんので、静かですし、運動量は少なく部屋中を駆け回ったり、家具に爪で傷を付けたりすることも少ないですので、マンションでも飼いやすいですし、初めて猫を飼う方にもおススメの問題行動が少ない猫種です。