青い毛並みが美しい「ロシアンブルー」

ロシア皇帝やイギリス女王に愛されたロシアンブルー

ロシアンブルーは古くからロシアに暮らす土着の猫が祖先とされ、北極圏に近いロシア北部の島で自然に生まれたブルーグレイの猫が元になったとの説もありますが、ハッキリはしていません。
1860年頃、英国に渡るやいなや、あっというまに猫愛好家たちの間で評判になり、大人気を博したそうです。

ロシアンブルーの高貴で美しい容姿はロシア皇帝や英国女王を始め、多くの猫愛好家達にも愛されてきたのですが、第二次世界大戦中の食糧難の時代に絶滅の危機に追い込まれてしまいます。

その後、英国や米国でブリーダー達によるロシアンブルー復活を目指した交配の努力で、絶滅の危機を脱し、現在のロシアンブルーが固定化します。
このような経緯があるため、この猫は「アルハンゲルキャット」などロシアの地名の付く名と、「スパニッシュキャット」など海外の地名が付く名など様々な名前で呼ばれた変遷の歴史があるのです。

ほとんど鳴かないロシアンブルーの特徴と性格

シルバーブルーの気品ある美しい容姿で、短毛かつ滑らかな毛に覆われます。
尻尾は長く、小さな顔、ピンと立ち上がったやや大きめの耳、黒い鼻先が、引き締まって落ち着きのある可愛いらしさを醸し出しています。
キュッと切れ上がった口元は、微笑んでいるかのように見えることから、ロシアンブルーの顔を「ロシアン・スマイル」と呼びます。
細身のスレンダーな骨格にしなやか筋肉をまとっており、全体的に引き締まったイメージを与える小型~中型の猫です。
標準的な体重は、雄で4.5~5.5kg、雌で2.5~4kgです。

ロシア貴族たちに愛されてきたロシアンブルーは滅多に鳴くことが無く、飼い主に対し従順で、「ボイスレス・キャット」あるいは「犬のような性格を持つ猫」と言われるほどです。
信頼する飼い主が他のペットをかわいがると嫉妬心を持つなど、猫らしい性格も持ち合わせています。
その一方、プライドが高く、気まぐれで、警戒心が強く神経質な側面もあり、家族以外に慣れるには時間を要しますが、大人しく静かで鳴かないため、マンション等で飼うに場合は最適な猫だと言えます。

ロシアンブルーの上手な飼い方

ロシアンブルーの特徴は絨毯の様な滑らかさを持つ柔らかく密生した被毛で、祖先がロシア北部出身であることもあり、寒さに対しては強い猫種です。
その分、夏の暑さには弱く、カーテンの利用やエアコン使用などで適切に室内温度管理をする必要があります。
家族以外には警戒心を持つ事が多いため、ストレスを感じずに済むよう、来客が多い場合などは一人で静かに出来る環境を確保しなければなりません。
仲良くロシアンブルーと暮らせれば、まるでロシア皇帝やイギリス女王になった気分が味わえますよ。