メインクーン

アライグマの血を引くとのユニークな誕生の説も有する米国の猫

北米で最も歴史の古い猫の1つとされますが、その起源には様々な説があり定説はありません。
ちょっとユニークな説として、アライグマと猫の交雑による起源をもつというものがあります。

現実的には実現不能なカップリングなのですが、メインクーンの体の大きさなどの外見上の特徴から伝えられている伝説でしょう。
メインクーンは米国・メイン州のシンボルにもなっている猫なのですが、アライグマの類を意味する生物学上の名称クーン(coon)との言葉遊びでそのような伝説が生まれたのかも知れません。

最有力とされる説は、北欧にいた猫がバイキングなど何らかのルートで北アメリカに渡り、北米土着の猫と交雑して生まれたという説です。
北米の北部育ちの「メインクーン」と北欧の猫「ノルウェージャンフォレストキャット」は双方とも寒さの厳しい地域の猫なので、一目では見分けがつかないほど外見がよく似ています。
そのため、この説が有力な説とされているのです。

1800年代後半にはキャットショーに出陳された

米国では1800年代後半にはキャットショーに展示され好評を博した人気の猫種で、1895年のショーでは最高賞を受けたほどでした。
その後、ペルシャに人気は移ったのですが、メインクーンの根強い愛好家達と繁殖家たちが、倶楽部を立ち上げ、少しずつ人気も回復傾向をたどります。

その成果もあり、1980年頃までにはほとんど全ての血統登録団体に登録されるに至っています。

ガッチリして胴長で飾り毛が風格を印象付ける大型猫

寒さの厳しい北米生まれのため、ガッチリとした丈夫な骨格に筋肉質な体は、まるでヤマネコのような大きさです。
標準的な体重はオスで6~9kg、メスで3~6kg程度と大型です。
メインクーンは「穏やかな巨人」の異名を持ち、ペットの猫では最も大きくなる猫種の1つにあげられます。

全体的に厚い被毛を持っているのですが、首の周囲と腹部には、特に長くてフサフサの飾り毛が生えていて風格を感じさせます。
雪の中を歩いても滑らないよう肉球の間にも毛が生えています。

角張った顔立ちに尖った耳を持ち、耳には密集した多くの毛が生えています。
全身は寒さに耐えられるように厚い被毛に包まれ、長くフサフサと毛の生えた尻尾を持ちます。
「世界一長い尻尾を持った猫」「世界一長い髭を生やした猫」としてギネス登録された事もあるそうです。

穏やかで人懐っこく忠実な猫

メインクーンは穏やかで人懐っこく、飼い主に対し忠実な猫です。
知的能力が高く協調性にも優れ、他のペットともうまく付き合うことができ、知らない来訪客にも愛想を振りまきます。

陽気で茶目っ気のあるメインクーンは大きな身体に似合わず高くて愛嬌のある声で鳴き、成猫になっても子猫のような仕草が可愛いですよ。